読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私が恋愛できない理由

とかいうドラマ、少し前にあったような気がしますん。


さて、表題の通り、恋愛ができないよというお話です。最近の若者にはこういう人が増えているらしいですね。各人様々な理由で恋愛を忌避したり、やろうとしても問題があってできなかったりしているのでしょう。

発達障害かも知れない私の場合、以下の諸事情により恋愛難民となっておりますので、(誰も頼んでいないけど)ご紹介いたします。


基本情報。

①キイロネズミ2世は、できれば結婚したいと思う。

はい。これは、単なる憧れとか、社会的に普通に生きていきたい。一般的な安定した生き方をしたい。というかなり低次元の欲求からきています。

具体的に、誰々が好きだから、愛しているからその人と結婚したいというものではありません。極端な話、幼稚園の女児が「将来はおよめさんになる!」と言っているのと大差はございませんね。

なぜこんなことになっているか?(自由恋愛の社会では)結婚の前段階となる恋愛ができないからです!当たり前ンゴ。


②キイロネズミ2世は、少女漫画を読んで育った。

少年漫画派かと思われがちですが、そのような事実はございませず、いわゆる「りなちゃ」(りぼん、ちゃお、なかよし)を読んで育っております。

当時は、「ほーん、私もいずれはこんなふうに好きな人ができて、恋愛になり、ちゅーとかもするんかなぁ。結婚もできるといいなぁ」くらいに能天気に読んでおりました。


だ が し か し 、

キイロネズミ2世には、いつになってもそれが現実のこととはなりませんです。


③キイロネズミ2世には、好きな人がたまにできる。

できます。対象は大体異性のようですが、正直同性でもいいと思っている節がある。

そこまではいい。


④キイロネズミ2世は、異性にたまにモテる。

喪ではないんだなぁ、これが。③まで読んで、「こいつモジョなんやろなぁ」と思った方、残念でした。一応モジョではないようです。なお、干物ではある模様。

じゃあ、あとはいいと思う奴と付き合えばおkじゃないか?


かと思うと、そうではなかったのです。

キイロネズミ2世は、異性とお付き合いしたことが一度だけあります。しかし黒歴史になってしまった。

結論から言うと、私は


自  分  の  女  性  性  を  受  け  入  れ  ら  れ  な  い


という問題に直面しました。

男女がお付き合いを始めました。当然イチャイチャするなどあるわけですが、私にはそれが出来ないようです。気に入った男性にまとわりついたりすることがまぁ一応あるのですが、それは「兄ちゃんを慕うけっこう年下の弟か妹」という感じの感覚でやっています。

要するにガキなわけですね。


従って、私にはオトナの女性の性役割を求められても、「ファッ!?」となってしまうのでした。

それでそのたった一度の異性との交際は、忍耐力不足により私が神経衰弱に陥ったために終わりを迎えました……。


これがなぜなのか、失意の中私はいろいろ考察しました。

可能性①発達障害のために、自分の性別認識が曖昧になってしまっている

可能性②発達障害からくる精神年齢の幼さ

可能性③自尊心の異常な低さ


……と、こうして見てみると、「もしかして、どう足掻いても発達障害が影響してるんじゃ……」と思ってしまう結果になりました。


この辺り、他の当事者で恋愛できん、という方と語ってみたいなぁ、とすごく思う今日この頃。

すごく長くなりましたけど、こんなとこで。