どす黒い感情をぶちまける

ツイッターにも相当どす黒い感情をぶちまけているが、さすがに黒オーラが強すぎて周りを巻き込むレベルとなってきた。公害レベルだ。だから、このブログを読みにきたコアなフォロワー(そんなものは存在しない可能性が高い)のみが自己責任で読むってことで。
死にたい病にかかった。私は神の祝福から遠ざかっているのだ。正しく人生を生きられていないのだ。彼は本当に神様が逢わせてくれた人だろうか?彼と出会う前の方が、私はまだ楽に生きたいられたように思う……などと言うと落ち込まれるので、かわいそうなので、あんまり書きたくなかった。
死にたい理由はいくらでも並べ立てることができる。中でも現在最有力と思うのは、私があまりに不具な人間なので、まともで優秀な彼の人生と、その子孫に約束された未来を、私の遺伝子で潰すのだという事実である。それが私を破滅願望に向かわせている。普通に考えたらそんなことは関係がなく、本人同士が愛し合っていることが一番重要なのだ。それ以外はむしろ、どうでもいいのだ。双方が相手と一緒にいて幸せだと感じるのであれば、2人を邪魔していいものはない。もし他人が同じような悩みを抱えていたら、私はそうアドバイスしたと思う。
しかし、自分のこととなると途端にこれが適用外になる。認知が歪んでいるからだ。
まともな人がメンヘラと付き合うのは、本当に根気と愛情が要るし、すごく苦しいことだろう。私は物心がついたときからメンヘラだったので分からないが、多分そうなんだろう。だが、メンヘラはまともな恋人に一方的に迷惑をかけて、自分は涼しい顔をしているのだろうか?あるいはそういう場合もあるかも知れない。だが私は、そうではない。多くのメンヘラと同じように、私は自分が傷んできたからこそ、人一倍人の苦しみがわかる(それでも人を傷つけたり、嫌な思いをさせたことはある。懺悔したい)。だからこそ、私がいることで相手が受ける痛みに一層敏感だ。つまり、まともな人の恋人としているメンヘラには、巨大な罪悪感が付き纏うということである。楽ではない。私は生きるか死ぬかの苦しみを味わっている。
心の中で、存在してごめんなさいといつも謝っているのである。だがメンヘラは、吸い寄せられるような相手ができるとまともな人以上に離れるのが難しくなる。側にいたがるが、一緒にいればいるほど、接近すればするほど、ズルズルと暗くて苦しい鬱の深みに嵌っていくのだ。
いま私の恋人は人生のうちでもかなり重要な局面を迎えつつあるが、現状私は途方もなく面倒臭い足枷となっている。彼が私を見捨てないでいるのは、ただ愛情がまだあるからに過ぎない。その愛情が労苦のために枯渇する前に、私は真人間にならないといけないと切実に考えている。
自分に死ね死ねと呪いの言葉を唱えながら生きるのはもういやだ。早く楽になりたい。この世に肉体を残したまま楽になりたい。肉体の消滅とともに楽になるのは、神様の前でも彼氏の前でも大きな罪悪であるから。