見えないこころのへその緒の話

私は親から精神的に自立していないので、認知の歪みが親に適用されてしまう。自己肯定感が低い……こう言ったときの「自己」の中に、両親が組み込まれてしまうのである。

であるからして、両親が側から見て普通に立派?な人である可能性がある程度にはまともな人たちであるにもかかわらず、私の中では「うちの親はダメである。ダサい」などと考えてしまっている。これは大変親不孝であるし、間違いなくドラ娘の烙印を押されること請け合いである。

たぶん精神的へその緒、っていうのがあるんだろう。「親を尊敬しています!」っていう人がいるが、こういう人は、精神的へその緒が切り離されていて、「親」と「自分自身」が対等で、別個の人間同士としての関係が結べている。このへその緒が切れるということは、大学生以上くらいの人間の発達課題だと思う。

それに比べて、私はてんでダメである。認知の歪みが親に適用されるということは、親と自分が不可分になってしまっているということだ。しかし、「親ができる人で、自分ができない」の場合と「親ができない人で、自分ができる」の場合では気の持ちようが変わるような気がする。現状では前者に近い。「親はまぁまぁできる人」だと思う。それなのに、親=ダメ、ダサい。となっている。では後者は、というと、「自分ができる」ことから、自己肯定感が高く、認知が歪んでいないかも知れない。よって、親に認知の歪みが適用されるという事態もない。

したがって、私はつまり「自分ができないが故に自己肯定感が低く、認知が歪み、両親にそれが適用されている」ということなのではないか。ということは、私ができる人間であれば、「親ダサい」問題は解決するのかも知れない。そうなれば、現実は「親はまぁまぁな人で、自分はできる人」となり、卑屈になるようなことはまずないだろう。

ここまで考えてくると、彼氏の両親はかっこいい(彼氏のご両親はできる人で彼氏もできる人)が自分の両親がダサいことで悩む問題は、ただ私ができる人間になり、少しでも自己肯定感を高く持つことで随分いい方向に解決されるのではないだろうか?と思うのである。


しかし自己肯定感を高く持つこと自体が、「それができたら精神科は要らない」と思えるほどにハードルの高いことであり、ここまでわかったところで何ら嬉しくもなんともなく、アハ体験なんてもってのほかなのである……。

自己肯定感を忘れて成長した人って、つらくない?


追記。

そもそも、この歳で親がカッコいいかダサいかで悩む時点で相当おかしいと思わなければならない。親は親、自分は自分。大人であり、自分の人生という船出をとっくにいたしているわけである。私はまだ船出の場で、見送ろうとしている両親に無邪気に話しかけ続けている精神遅滞の娘のようだ。