小さな成功体験は難しい

私には保育園に通っていた頃の記憶が断片的に残っているし、小学生のときの記憶もかなりの鮮明さで残されている。自我の成長が自分の中だけで早く、家の外では一切誰かと話すことができなかった(場面緘黙症)ために、対外的な経験から獲得されるべき部分では自我の成長が遅れていた。それだから、周りから不当な扱いを受けてしまうことが多くなっていた。

主に上述の理由だが、他にもさまざまな要因が複合的に作用して、私は物心ついた頃から自尊感情が低かったので、それがデフォルトであり、何か挑戦しようとしても恐ろしくなって病的な不安にかられ、本来の力を発揮できないことが殆どだった。それでも平均より優れたパフォーマンスを上げられることも多いものだから、元々の能力は恵まれた方だったのだろうと醜くも自負している。

最近、私はひょんなことから短期バイトを始めるに至った。5月までの短期間である。このアルバイト、チラシを配るものなのだがそれだけではなく、道行く人にその施設の無料体験会の来場を約束させることまでが業務であり、かなり高度なコミュ力を求められる。ほとんど断られるのはわかった上で、宝探しをするようなものだ。この仕事は私には全く向いていないと思って心配だった。しかし、やり始めるとこれが楽しい。そっけない人、愛想がいい人いろいろいる。愛想が良くても断る人が大半だ。それでも、めげずにやることができるようになった。断られているのは私という人間じゃない。今の私はいつもの私ではなく、「アルバイター」という別人格……と思ってやるようにしている。

私は自尊心を保つために「成功体験」を積むことが大事だとよく聞いてきた。それは私にとって嫌だったし納得ができなかった。成功体験に至るまでのハードルが高すぎるように思え、それができたらここまで自己肯定感がない人間にはなっていないよ、と冷笑的だった。だが事実、このアルバイトで私は小さな成功体験をたくさんしている。それだけでなく最近はいろいろな場面で、小さな成功体験を重ねることを意識している。簡単なことではなかった。小さな成功体験でさえ、大きな勇気が必要だった。子供の頃、外で「はい」と言うのすら心臓がバクバクして辛かった。その私には、見知らぬ人に話しかけてビラを渡し、無料体験会の説明をするなんて言うのは何ステップも飛び越えた大仕事なのだ。

小さな成功体験に大きな勇気。普通の人は簡単にやってのけることで、私には何十倍もの重圧がかかる。これは大きなハンディキャップだろう。だが私は、これからの人生で「自己実現欲求」の発達段階に至るために、この挑戦を続けていきたい。私はいまだ承認欲求を求める未熟な小人間だ。私は立派な大人になりたい。いずれ自分が子供を持ったとき、子供にとって自慢できる、少なくとも卑下の理由にはならない母でありたいのだ。もちろんこの挑戦を続ける一番の理由は、人生の保持者である自分のためでなければならない。