ワイパックスではない。

抗不安薬を服用するといつも気分が高揚して楽しくなるのだが、私はいま、飲んでもいないのに気分が上がっている。だからまた気分が翳る前に、フレッシュなうちに、何についてテンションが上がったのか書き記しておきたいと思う。

大学院に進学して早くも3年目(恥ずかしながら)になるのだが、私はその間、ずっと自分がなぜ生きているのかも分からず、生きるのも苦しく、どうにか生きている意味を模索しているような段階にいた。その原因はこれまで散々書いて来たように、実家が隠れ毒親家系であることが影響しているのだと思う。

一昨年度にプチ転機があり、昨年度に大きな転機があった。転機続きである。こういう状態になると、悪い意味でテンション・ハイに陥る。つまりは躁転してしまうというわけだ。

まず、2015年度にあったのは、自身へのひどい女性性嫌悪からの解放だ。とはいえこれはまだ多少残ってしまっていることが最近判明したのだが……根底のところでは残っているが、表層的な部分に露見せずに済むほどには解消されたということ。

続いて、2016年度にはTと出会ったので(彼氏)、有無を言わさぬ女性性の需要を経験し、これまで結婚できないという人生設計でいたのが大きく転覆した(ただし現在未入籍)。

これらを経験して私は本来のあるべき姿(女性)を取り戻していったと考えられる。これは良い傾向であった。しかしまだ大きな課題が残されていることも確かである。

私はアダルトチルドレンであり、発達障害であり、境界性人格障害であり、結果的に結構難儀な精神病者だと認識している。発達障害だけは先天的なので、それの影響で幼い頃から気分不安定性が認められ、その上に恵まれぬ家族構成と成員、社会環境(学校でのいじめや教師からの冷遇が相次ぐ)のために精神がおかしくなった。結果的に、得て来た学歴(まぁ頭でっかちなので学歴だけではダメだという向きもあろうが、何もないよりはマシかと思っている)にしては著しく自己肯定感が低くドン引きレベルである。顰蹙ものである。多分、自己肯定の唯一の発露が学業であったからこうなった。

大学の学部まではこういうハリボテ学問クラスタでもなんとかなるものである。しかし大学院に行くとそうはいかなくなる。大学学部までは結局「学校」であり、卒業論文すらも大した専門性は要求されない。最悪、べんきょうしたことを書けばいい。私は一般的な卒論生よりは専門性の高いものを書いたはずだが、多くの学生のレベルだと、学部段階では専門性を求めるに至らないのである。そして自分が学問という大会においていったい何をしているかもこの段階では曖昧模糊としているのが常なので、ここには「自己実現欲求」が介在する余地がない。

マズロー欲求段階では4段階目(承認欲求)を卒業論文でクリアし、修士論文から博士論文にかけては「自己実現欲求」と対峙する必要があると私は考える。私は承認欲求を十分にクリアできる卒業論文を書いた。しかし、私は幼少期から社会的に承認されてこなかった。私に極めて大きな影響を与えた祖母は私の頑張りをいつも素直には認めなかったし、どうせ失敗するから無理をするものでないと言って挑戦を応援しなかった。私は承認の請求権すら与えられてこなかったのである。

私がクリアできたのはマズローのいうせいぜい3段階目(社会欲求と愛の欲求)までて、4段階目はクリアできなかった。卒業論文を書いても、4段階目はなおクリアできなかった。当時は教員からやたら褒められた。いまだに古巣の学部時代を過ごした大学の教授が「いつでも戻って来ていい」と言ってくれている。私の卒業論文ごときを高く評価してくれたのだ。それなのに私は第3段階にとどまった。祖母の幻影(まだ生きてます)が第4段階への移行を阻んでいるのである。

私は自己実現欲求以前に、第4段階にすら到達していないのだ。今日の分析で身に染みてわかったのである。

逆に考えたら、第4段階に到達できた時、私には無限の可能性があるのではないかと思った。第5段階の、最も高次の「自己実現欲求」はふつうはまだ若い院生には満たせないが、それを目指して頑張って行く段階である。私はこれを第3段階で足踏みしながら行わなければならず、そこに大きな不安と自己不全感が付き纏ってくるのは至極当然の有り様なのである。

したがって、私は第4段階へステップ・アップしたとき、また自分の研究を楽しく思えるようになったり(研究活動の再開)、あるいは何か別の仕事(たとえば図書館員としてや、翻訳者としてなどが考えられそう)にやる気になったりする可能性があるのだ。

先ほど改めて修論のアウトラインを考えていた。すると、なるほど、この研究も第4段階に進んだ時にまた違った風に見えるのだろう、と思った。そしたら、その先にある無限の可能性を(いまは靄がかかっているが)見据えて、ワクワクしてきたのである。

第4段階以降に進むために、私はどうしたらいいのか。それは、ひたすらに祖母の幻影、血統の幻影を振り払い、一個の人間として確立されることである。つまりはこれが自己肯定感であり、私を真に救う救世主となりうるのである。


さて、さすがに明日の講義に間に合わないとやばいので寝ます。